法事・法要のマナー

法事とは・法要とは、故人の冥福を祈り、供養をするための仏教行事です。
厳密には忌明けの日までの間、七日おきに例えば初七日(しょなぬか)、二七日忌(ふたなぬか)〜四十九日(しじゅうくにち)といった具合に法要がありますが、忌明けまでの間の法要は、初七日と四十九日以外は遺族のみで行なわれることが多いようです。

一般的には四十九日が忌明けとされ、この日を過ぎると年忌法要となります。

このページでは法事・法要の種類・名称と年数や日数の数え方、法要の流れ、準備、マナーをご紹介します。

法事・法要の種類

法要とは・法事とは、故人の冥福を祈り、供養をするための仏教行事です。

仏教において、亡くなってから49日間を「中陰」と呼びます。
この間、七日ごとに閻魔大王による裁きが行なわれ、
極楽浄土に行けるかどうかの判定が下されるのが四十九日目で、この日が忌明けとされます 。

遺族は、七日ごとの裁きの日に合わせて法要を行ない、故人が成仏できるように祈ります。
日程を決める際、法要の日が平日にあたる場合には、直前の土曜日か日曜日にずらすのが一般的です。
一般的な忌明けは四十九日です(地方によっては、五七日(いつなぬか)が忌明けの場合もあります)。四十九日を過ぎると年忌法要となります。
法事のあとの会食をお斎(おとき)と呼びます。

追悼法要
法要の名称 時期
初七日
(しょなぬか)
7日目
(葬儀当日に行なわれることが多い)
ニ七日忌
(ふたなぬか)
14日目
三七日忌
(みなぬか)
遺族だけで供養します。僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。
四七日忌
(ししちにち)
(よなぬか)
28日目
遺族だけで供養します。僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。
五七日忌
(ごしちにち)
(いつなぬか)
三十五日
(さんじゅうごにち)
35日目
遺族だけで供養します。僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。

※宗派によっては、この日が忌明けとされる場合もあります。その場合の法要の内容は四十九日を参照してください。
六七日忌
(ろくしちにち)
(むなぬか)
42日目
遺族だけで供養します。僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。
七七日忌
(しちしちにちき)
(なななぬか)
四十九日(しじゅうくにち)
49日目
遺族、親族、友人、知人などが参列。僧侶による読経のあと、一同で焼香・会食をします。

※この日が忌明けとされます。本位牌を仏壇に納め、白木の位 牌を菩提寺に納めます。
※この日に納骨するケースが多いようです。
百か日忌、百箇日
百か日
(ひゃっかにち)
100日目
遺族だけで供養します。僧侶による読経および焼香は省略されることが多いようです。
年忌法要
法要の名称 時期
一周忌(いっしゅうき) 満1年目
三回忌 (さんかいき) 満2年目
七回忌 (ななかいき) 満6年目
十三回忌 (じゅうさんかいき) 満12年目
十七回忌 (じゅうななかいき) 満16年目
二十三回忌 (にじゅうさんかいき) 満22年目
二十七回忌 (にじゅうななかいき) 満26年目
三十三回忌 (さんじゅうさんかいき) 満32年目

1.法事・法要とは?

1-1.仏教・仏式

 仏教において故人を供養する儀式を法事・法要と言います。現在では法事と法要はほとんど同じような意味に使われることが多いのですが、もともとは法事の方は仏教の儀式全般をさす言葉でした。
 亡くなってから七日目に行う「初七日」から、四十九日めに行う「四十九日」までの法要を追善法要と言い、四十九日目で忌明けとなります。
この間、初七日以外の法要はふつうは遺族だけで供養が行なわれますが、四十九日の法要だけは忌明けの日として親族・友人・知人たちも参列し、僧侶による読経のあと、焼香や会食が行なわれます。

●追善法要と年忌法要

[追善法要]
四十九日までの間、七日ごとに閻魔大王(えんまだいおう)による裁きが行なわれ、最終的に極楽浄土にいけるかどうかの判決が下されるのが四十九日目だと言われています。
閻魔様に少しでも良い判決をしてもらうために故人が生前に行なった善行に(ぜんこう=よいおこない)、遺族が祈ることによって善を足す、善を追加するという意味で「追善法要(ついぜんほうよう)」と呼ばれます。

[年忌法要]
命日から一年目、三年目、七年目など、節目となる年ごとに行われる法要を年忌法要と言い、一周忌とは亡くなってから満一年目の同月同日のことを言います。また、命日と同じ月の同じ日が毎年一年に一度やってきます。この日のことを祥月命日と言います。

●四十九日は非常に重要

四十九日は忌明けということで、故人を供養するにあたってひとつの節目となります。
そのため、「納骨・納骨式」は四十九日に合わせて行なわれることが最も多いほか、仏壇が無いお宅ではこの日までに新規に仏壇を準備し「開眼供養」は四十九日の法要までに行なわれます。

 [納骨・納骨式]
   =遺骨をお墓に埋葬する儀式。納骨は四十九日に行なわれることが多いようです。
   四十九日の日に行なわない場合でも遅くとも三回忌の頃までに済ませます。

 [開眼供養]
   =仏壇開きとも言われ、魂を入れた本位牌を仏壇に安置する儀式です。

 [香典返し]
  =通夜・葬儀に香典を頂いた相手に、お礼状を添えて香典返しを送ります。

1-2.神教・神式

 神教の場合には、七日ごとではなく十日ごとに齋日があり、ちょうど仏教の初七日に該当するのが「十日祭」、四十九日(忌明け)に該当するのが「五十日祭」として忌明けとなります。

●霊祭と式年祭

[霊祭]
 仏教では七日に忌日がありますが、神式の場合十日ごとに祭日があり、中でも儀式を執り行う日を特に「霊祭と言います。仏教の初七日にあたる「十日祭」、四十九日にあたる「五十日祭」、百箇日にあたる「百日祭」には霊祭のかたちで、神職を招いて儀式を行ないます。

[式年祭・粗霊祭]
 命日から一年目、三年目、五年目など、節目となる年ごとに行われる法要を式年祭と言い、一年祭とは亡くなってから満一年目の同月同日のことを言います。

●五十日祭は非常に重要

五十日祭は忌明けということで、故人を供養するにあたってひとつの節目となります。そのため、神職や奏楽隊を招いて法要が行なわれます。 この日に納骨が行なわれることも多いようです。

2.法事・法要の準備(引き出物、お供え、お返し)

法要は遺族のみで行なう場合と、故人の知人や友人にも案内状を出して出席をしていただいた上で僧侶を招いて行なうものとがあります。なかでも四十九日、初盆、一周忌、三回忌などの主な法事・法要では僧侶による読経のあと遺族や参列者による焼香がなされ、儀式の後で、一同で食事をするのが一般的です。
 法事・法要の準備としては、まずは日程を決めて、僧侶に連絡をし、引き出物や食事の手配をします。
 この項目では遺族側(施主側)が準備する内容についてご説明いたします

施主が行う法事・法要の準備

◆手配の前に遺族で相談すること

① 日程を決める
・法要をいつ行うのか、遺族が相談して決めます。参列者の都合を考え、命日が平日になる場合は、その直前の土日にずらして行なうこともあります。

・四十九日までの日数を数える時には、亡くなった日を含めて数えます。(百箇日までの法要は、亡くなった日を含めて数えます)
・一周忌は、命日から満一年目ですが、他の「◯回忌」という年忌法要は満年数マイナス一年で行ないます(例えば三回忌は満二年目に行ないます) 。
② 場所を決める
・法事・法要を行う場所を決めます。  自宅、お寺、斎場、ホテルなどのいずれの場所で行うのかを決めます。 自宅や菩提寺で行なう場合も多いと思います。
③ 納骨をするかどうか決める
・「納骨」は四十九日の忌明けに合わせて行なわれることが多いようです。遺族が相談し、四十九日の法要と合わせて納骨をするかどうかを決めます。もし納骨を行なう場合には「埋葬許可証」が必要です。
(納骨は絶対に四十九日の法要に合わせて行なわなくてはならないと言うものではありません。遅くとも三回忌の法要までには納骨を済ませるようにします)

[納骨について]

・死亡届を市町村役場に提出すると、「火葬許可証」および「埋葬許可証」が発行されます。納骨法要には、この埋葬許可証が必要となります。

・納骨と合わせて卒塔婆(卒塔婆=そとば、と読みます)が必要となる場合もあります。納骨をする旨を菩提寺(お寺)に伝え、必要な費用を確認しておくと良いでしょう。 (浄土真宗では卒塔婆は用いません。)
④ 会食をするかどうかを決める
・法事の後でする会食をお齋と言います(お齋=おとき、と読みます)。 ・まずは 「会食をする・会食をしない」のいずれかを決め、会場を変えるかどうかも話し合っておきましょう。 自宅で法要をする場合は法要のあと別室での会食となりますが、法要のあとで場所を移して会食をする場合もあります。菩提寺(お寺)で法要をした後、近くの料亭やレストランで会食という例も増えているようです。

・会食は行わなくても失礼にはあたりません。その場合は法事のあと引き出物と一緒にお酒と折詰弁当などをお持ち帰り頂きます。
⑤ 招待する人を決める
・法事・法要に招待する人を決めます。遺族、親族だけで行うか、故人の友人、知人、会社関係まで声をかけるかを決めます。 ・葬儀の際の受付名簿などを参考にしながら遺族で話し合って決めます。会場の場所を決めたり、案内状の送付の際に必要となります。

3.引き出物について(法要の際のお返し)

法事・法要に出席していただいた方には、引き出物をお渡しします(法要の際のお返しのことです)。引出物をお渡しするタイミングと、のしの書き方などについてご説明いたします。

法要の引出物について

◆引出物の手配と準備
熨斗(のし)の書き方は?

・引出物につける熨斗紙(のし)の表書きは「粗供養」「志」などです。

・ 薄墨ではなく黒い墨で(真っ黒の墨で)書きます。
・のしの水引きは黒白、双銀などの結び切りのもので、下段には施主の姓を書きます。
引出物にはどんなものを?
・引き出物に多く使われるものとしては、石鹸、洗剤などの実用品や、お茶、お菓子、海苔などの食品が一般的です。お菓子は和菓子が中心となりますが洋菓子でもOKです。
実用品や食品などの消えもの(消えもの=消費されて消えてなくなるもの)が多く、インテリアや食器などの残るものはあまり向きません。

※関西では弔事用の和菓子として黄白の饅頭を使う地域もあります。ごく一部の関東地区では緑色と白の饅頭を使う地域もあります。
※法要の後の会食あり・なしに関わらず引き出物と一緒にお持ち帰り頂くためのお酒の小壜をつける地方もあります。
引出物の金額
・引き出物の金額の相場は、香典として頂く金額の1/2〜1/3くらいが適当と言われています。金額のめやすとしては、2,000円〜5,000円程度の品物が一般的です。※下記は香典金額を考慮した引き出物の予算の一般的な例です。年齢やおつきあいの深さによっても変わって参ります。
1.故人と血縁関係がある場合 10,000円〜30,000円
※夫婦で出席する場合などをはじめ、詳細は別項にて
2.故人と血縁関係がない知人・友人 5,000円〜10,000円
(会食に出席しない場合には3,000円〜)
・ 法事・法要には、親族の他にはごく親しい人しか出席しませんので、お店などで引き出物を手配する場合には品物だけ決め、およその数を伝えておいたあと、案内状に対する出欠の返事を得てから数量 を確定します。

・法事・法要のあと会食は行わなくても失礼にはあたりません。その場合は法事のあと引き出物と一緒にお酒と折詰弁当などをお持ち帰り頂きます。会食が無い場合には、引き出物以外に折り詰めやお酒などの手配を忘れずにします。
こうした場合、会食の料理の分だけ引き出物の予算を増やすと良いでしょう。
④ 会食をするかどうかを決める
引き出物に印をつける
⑤ 招待する人を決める

引き出物の渡し方(法事・法要の当日、引き出物を渡す)

会食ありの場合
・会食の席がもうすぐお開きになるという前に、それぞれのお客様の席のところに持参します。僧侶のところに最初に配ります。和室で座布団のお席の場合に通行の邪魔にならないように卓の上、膳の脇、テーブルの下などに、相手に声をかけながら置いていきます。

[引き出物を置く際、一声かける挨拶の例]
恐れ入りますがこちらに置かせていただきます。少し荷物になりますがお帰りの際にお持ち帰り下さい など。

・もし出席者の人数が多い場合は引き出物を配るのに時間がかかるだけでなく、配る行為自体がお齋(会食)の邪魔になるのであらかじめ各席に置いても良いでしょう。

・会食があるのにも関わらず会食に出席せずに帰る方がいらっしゃる場合は、その客の分だけ別 においておきます。法要が終わってお帰りになる際に、お礼の挨拶を述べながら引き出物をお渡しします。

[先に帰るお客様に引き出物をお渡しする際、一声かける挨拶の例]
本日はお忙しい中をおこし頂きありがとうございました。 など。

※法要の後の会食について、法要のあとで場所を変えて行う場合も多くなっています。会食をレストランやホテルなどで行う場合には、会場の準備を先方に任せる場合が多いため、引き出物をあらかじめセッティングして頂くか、会食のお開きが近付いた頃に配っていただくか、会場担当者と打ち合わせをしておきましょう。
会食なしの場合
・出席者の都合がどうしても合わない場合や、遠方での法要の場合など、会食なしでも失礼にはあたりません。会食が無い場合には、引き出物と一緒に折り詰めのお弁当(または折り詰めの料理)と小壜のお酒(300ml程度kらいまでのサイズ)を用意します。

[会食(お齋=おとき)が無い場合の、施主の挨拶の例]
本日はお忙しい中をお集まり頂きましてありがとうございました。おかげさまで父□□□の◯◯忌(◯◯日)の法要も無事終えることができ、父も安心していることと思います。これからも変わらぬご指導ご支援のほど宜しくお願い申し上げます。
本来であれば、このあとお膳でもご用意すべきところではございますが、都合により本日はこれにてお開きとさせて頂きます。恐縮ではございますが、折り詰めなどを用意しておりますのでお持ち帰り下さいませ。本日は誠に有難うございました。
など。

お供え物が必要かどうかは地域の慣習によって異なる

法事に出席する際、お供え物は必ずしも必須ではありません。
近年では物を渡すのではなく、「御供物料」として現金を包むのが一般的になっています。
地域や慣習によっても異なりますが、多くの場合で1万円~2万円程度を包みます。

ただし、地域によっては供養の一つとして、お供え物を持ち寄り、最後に出席者全員で分け合うなど、出席する際に供物が必要な場合もあります。
つまり、供物を用意する必要があるかどうかは地域や慣習によっても異なるので、 出席する際には事前に周りの親族や遺族に確認しておくと良いでしょう。

最適なお供え物

ではお供え物を用意するといった場合、何を用意すれば良いのでしょうか。
ここでは、どのようなものがお供え物に向いているのか、 また具体的には何がよく利用されているのかなどをご紹介します。

■お供え物に向いているもの
お供え物を用意するとき、気をつけなければいけないポイントがいくつかあります。
まずひとつは、かさばらないものであること。
お供え物は持ち運ぶものであるため、かさばると持ち運びがしにくくなります。 自分はもちろんのこと、お供え物を分け合って持って帰ってもらう場合には出席者全員のことを考えなければいけません。 同じく、重たいものも避けるようにしましょう。
もうひとつ、分配しやすいものにするというのも大切です。
前述のとおり、お供え物は最後に出席者で分け合うことがあるため、最初から小分けに包装されているものなど、分けるのが簡単なものを選んだほうがいいでしょう。 この他、食べ物であれば日持ちするものを用意するようにしましょう。

■お供え物の例
実際にどのようなものがお供え物として利用されているのか、 その一例をご紹介したいと思います。

種類 品目
食べ物 かまぼこ、佃煮、果物、お菓子(焼き菓子などが良い)
消耗品 線香・ロウソク
飲み物 酒・ビール・お茶
供花(胡蝶蘭や百合などが一般的)

お供え物を持参する場合、一般的には食べ物がよく用いられます。
その場合、前述のように日持ちのするものや分けやすいものを選ぶようにしましょう。 酒類は飲まない人にとっては嬉しくないものであるため、選ぶ際には注意が必要です

また、肉や魚などの殺生を連想させるもの、バラなどの棘がある植物などは、NGとされているため贈らないようにしましょう。

お供え物に関するマナー

お供え物を贈る際には、いくつか気をつけなければならないことがあります。
そういった注意点やマナーについて、以下にご紹介します。

包装の際の注意点

お供え物を持参するときには、そのまま持ってくるのではなく、必ずのし紙で包装しなければいけません。
四十九日前までは黒白の水引がプリントされているものを、四十九日後は双銀の結び切りの水引がプリントされたものを選びます。
表書きは「御供」や「粗供養」などとし、下段に自分の名前を記します。近年は購入時に店舗側で全て用意してくれることも多いので、そういったサービスを利用すると良いでしょう。

お供え物の渡し方

お供え物を渡す際、いきなり仏壇などに供えるのはマナー違反です。
まずは施主に渡すようにしましょう。施主とは、資金を出してその法事を運営する人のことで、遺族の代表者と考えれば良いでしょう。
渡す際には、「御仏前にお供えしてください」など一言声をかけるのがマナーです。

御供物料を包む場合

御供物料として現金を包む場合、表書きは「御供物料」や「御仏前」とします。
四十九日前であれば、「御仏前」ではなく「御霊前」を使います。
ただし、浄土真宗の場合は「御霊前」という表現はしないため、どのような場合であっても「御仏前」とします。
水引は四十九日までは黒白、それ以降は黄白となります。

金額の相場は、法要の後に会食に参加しない場合は5,000円程度、参加する場合は10,000~15,000円程度とされています。

法事・法要
 お勧め胡蝶蘭はこちら

banner-1col
banner-1col
banner-1col
banner-1col
banner-1col
banner-1col

ソーシャル

   
banner-1col
    
banner-1col

お買い物ガイド

お支払い方法
  • クレジットカード(1回払いのみ)
    ご利用いただけるクレジットカード
    クレジットカード
  • 銀行振込
お支払いについての詳細はこちら
送料・配送について
  • ■ 送料について
  • 一部地域を除きまして、全国無料でお届けいたします。
  • 北海道・沖縄へのお届けは送料として3,000円(税抜)いただきます。
  • ■ 発送について
  • 3営業日前にご注文いただければ全国各地可能です。ただし、2営業日を切りますと、ご希望に添えない場合がございます。
  • 時間指定は午前中、午後、そして夜間(18:00-21:00)になります。こちらも地域により時間指定の出来ない地域がございますので事前にお問合せください。
  • 佐川急便
    佐川
  • クロネコヤマト
    クロネコヤマト
送料・配送についての詳細はこちら
無料サービスについての詳細はこちら
返品について

生花ですので、返品はお受け致しかねます。万一不良品および誤品配送等がございましたら、同等品と交換させていただきます。商品到着後3日以内のメールまたは下記お問い合わせ先までご連絡ください。それを過ぎますと交換のご要望はお受けできなくなりますのでご了承ください。その際の交換送料は弊社で負担します。


お問い合わせ
  • ■ お問い合わせの際はこちらまでご連絡下さい
  • Tel : 06-6227-0139
  • Fax : 06-7492-3670
  • Mail : info@oiwaihana.biz